ダイエット中(ガチな減量)

私も40代になり、健康に注意すべくダイエットをしています。
キッカケは色々あったのですが、近所に住む同年代の極端に太った人を見て「あぁなっちゃ人生終わりだ」と感じたことや、私の同級生もチラホラ若くして病死していたりするため、私も本気でダイエットを始めました。

9日前の日記に書いた「ORLIFAST(オルリファスト)」ですが、現状では4錠のみ服用しています。
それに加えて、本格的な食事制限を加え、それなりの運動を併用した結果・・・
10日前と比較して体重が4Kg落ちました。
中年っぽく出始めていたお腹もペッタンこに。
身体も心なしか少し軽い。
とはいえ、ダイエット開始当時に比べて減り具合が落ちているため、根気よく挑んでいこうと思います(停滞期?)

少し前の日記で「エースコックのいか焼きそばを箱買い」したり、「ふるさと納税でビール三昧」という事を書きましたが、実は全く手をつけていません。
手を付けていないどころか邪魔に感じてきました。
メルカリorラクマで売っちゃおうかな?と思うほどで。
イヤ・・・本当は食べたいよ?(笑)
でも、やると決めたら絶対にやり遂げるのが今の私です。

かなりストイックに取り組んでいるため、ヤク中(医薬品を用いたダイエット)と言われようが、ガッツリ取り組んでガッツリ痩せます。

大人っぽいイケてるオジさんに・・・変身!(キュアエール風に)

したい。

グループ会社との関係性

今日は久々に仕事の事で怒っています。


私の仕事というのは、社内SEだけに「自社内のITに関わる全ての事」を手掛けます。
しかし、自社といっても「グループ会社を合わせての自社」なので、何かとめんどくさい事があります。

そんな本日、
グループ会社にお客様からのメールが届きました。
しかし、誰も対応してなさそうだったので、内線でグループ会社の部長に確認してみたところ・・・
「なんか来てるなとは思ってた」「何で対応してくれないの?」的な言葉があり、久々にカッチーン!と来てしまいました。
一応「今回は私が対応します」と言って内線を切りましたが、私は私の立場があるので社長へ報告。

いくら同じビルで働く仲間でありグループ会社とはいっても、私が別法人の「業務」をするのは筋が違う。
確かに私でもできる事ではあります。
グループ会社の管理システムからお客様の情報を調べ、某システムをゴニョゴニョするのは私一人で完結できます。
立場上、色んなデータベースにアクセスでき、某システムに至っては私が手掛けたものですし。
しかし、だからと言って他社の私が手を出すことではない。むしろ出してはいけない。
緊急時でお願いされた時に限って、責任の所在を明らかにしてやることなのかと思います。

正直、今日は萎えました。
仕事自体は頑張りましたが、ちょっと私自身のリソースに限界が来ています(笑)
「アレどうなってます?」「アレいつくらいにできそうです?」と言われても、優先順位が高いものばかりで追いつきません。

オルリファスト(Orlifast)を飲んでみた

あやしいお薬を個人輸入しました。
知る人ぞ知るオルリファストという薬で、ゼニカルのジェネリック薬品です。
日本では購入できない医薬品としてのダイエット薬。
土曜日の夜に届いたのですが、私の身体がどう反応するか試してみました。

【土曜日の食後】
・1錠飲んでみた(夕飯は鍋)
・2時間後、お腹がキュルキュル言いはじめた

【日曜日の朝】
・オケツから油が出た!!
月曜日からまた仕事なので服用せず

【月曜日の朝】
・起きてすぐトイレに行ってみると、力を入れてないのに大量の油が出た。

こうなる事は色んな人の記事から予見できていた事なので、事前にボクサーパンツを買っていたのでした。
そして、人生初の女性用ナプキンを装着。
「生理用品ってこんな感じなのね」と思いながら過ごしています(笑)
ちゃんと予備も持ってきましたよ。

オルリファストは1日3回の服用ですが、リスクを考えると「金曜日の夜と土曜日の服用にしよう」と思っています。
金曜日の夜に飲んだ1錠が月曜日の朝まで影響するというのは凄い。
期待する効能が副作用とも言える妙薬。
これはね、本気でお漏らし対策(オムツとかナプキン)をしないといけない商品です。
ただ、たった1錠でもお腹周りが目に見えてスッキリしたように思います。

町内会について(NO!と言う事の大切さ)

昨日、我が家に町内会の班長がやってきました。
町内会費については「町内のため」なので拒む理由はないのですが、説明が気に食わない。

班長:「みなさん二口という事にさせて頂いています」

最初のこの時点で意味がわかりませんでした。
金額が決まってるんであれば、わざわざ二口という表現をする必要もなく「一律2400円です」と言えばいいじゃない。

そして、次に班長が口に出したのは「赤十字への寄付が500円なので2900円ですね」という言葉。
それに対してこのようなやり取りをしました。

班長:「赤十字への寄付が500円なので2900円ですね」
私:「強制ですか?」
班長:「強制ではないけれど昔からそうしてきました」
私:「町内会費はわかりますけど、寄付は意味がわからない。赤い羽根にしても歳末助け合いにしても」
班長:「とはいいましても、以前の班長もそうしてましたし・・・」
私:「ますます意味がわからない」

こんなやり取りがあったわけですが、普通の日本人なら「高額じゃないし」とか「波風を立てない」という考えから支払う人が多いと思います。
ウチも去年まではそうでした(妻が対応したというのもあるが)
ただね、やっぱり「慣例だから」と寄付を要求してくるのは間違っている。

少額でも「財産を差し出せ」と言ってるわけなんですから。

また昔話をしますが、私には財産差し押さえの最終通告を食らってしまうほど困窮した時代がありました。
「就職するまで税金の支払いを待ってほしい。今は食べることさえ苦しいんだ。」と役所にお願いするも門前払いされ、誰も助けてはくれませんでした。
若かったからこそ、私にとって再就職は容易いものであり、3ヶ月ほど待ってもらえるだけでよかったのです。

当時の私のように、本当に頑張ってる上でお金も食べ物もない人のところに全額渡るのであれば惜しみなく出せる。
そのくらいの人間味はあるつもり。
しかし、赤い羽根募金だって日本ユニセフだって天下り組織であり、寄付金の半分以上を役員がピンハネしていると言うじゃありませんか。
そのピンハネした報酬額も1人ウン千万+飲食費というカオスっぷり。
日本ユニセフに至ってはアグ○ス御殿が有名じゃないですか(笑)
そもそも、募金の集金を町内会がすること自体を疑問に思うべきで、組織の圧力によって強要・脅迫しているのと同じ。
人の善意を利用し、楽に金集めるために町内会を利用するような組織への寄付に対し、私は「NO!」を突きつけたい。
もし、寄付を断ったあとに再度お金の強要があった場合は自治会すら脱退しようとも思います。

たった数百円かもしれない。
でもね、そう思う人が全国には何百万何千万といるわけで、1人500円を徴収したら合計いくらになると思いますか?
そして、寄付金で高額報酬をもらう役員がいるというのは如何なものか。


「おかしいものはおかしい!」と声を上げるべき時代になったと思いますよ。

27インチiMac Retina 5K 2019

発売したばかりのiMacを買ってもらいました。
iMacとしては27インチの最上級スペック。
テンションageageです(謎)
到着はまだ先ですけど。

【私のiMacスペック】
モデル:27インチ iMac Retina 5K
CPU:3.6GHz 8コア第9世代Intel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)
メモリ:8GB 2,666MHz DDR4メモリ
GPU:Radeon Pro 580X 8GB
ストレージ:512GB SSDストレージ
キーボード:Magic Keyboard(テンキー付き)- 英語(US)

映像系の仕事ではないため(むしろしない)、GPUだけは標準です。
ストレージはそんなに使わないので(NASとかあるし)512GBで十分。
そして、27インチモデルはメモリをあと挿しできるため、別途で32GBのメモリを購入しました。
キーボードはもちろんUS仕様(嫌いだけど効率的にテンキー付きをチョイス)
普通に買えば税込40万円ほどになる恐ろしい一台です。
これで再び社内最高マシン保有者に返り咲きます(笑)

カスタム品なので到着に10日はかかりそうですが、より一層仕事が楽しくなりそうです。
むしろ、結果を出さないと「そのiMacは文鎮か?」と言われかねません(滝汗)
そういうプレッシャーも自分にとって良い刺激になります。

職業柄?管理者特権?とは言え、いつも「最高の道具」を買ってもらって会社には感謝していますm(_ _)m

さぁ、3月は色々あって大変でしたが、4月からは心機一転がんばるぞー!!

続・エースコックいか焼きそば終売

エースコックいか焼きそばを買ってきました。
箱で(^^;
もう食べられないのかと思うと悲しいじゃありませんか。

若き日の私を支えてくれた食品として感謝しています。
これだけは何度も思います。

エースコックいか焼きそば終売

私にとって今年一番のニュースがコレになりそうです。


IT業界に足を踏み入れて以降、34歳になるまで東洋水産の「俺の塩」と同様、エースコックの「いか焼きそば」が私の主食でした。
過去の日記にも書いてあるように、IT業界のインフラエンジニアはとにかく勤務が過酷な上に安月給(1日の平均自由時間4時間で睡眠時間も含み、給与は残業代を支払わない会社だったので時給にすると驚きの500円という金額に。バイトの方がマシですわw)
そんな生活の中で 、1分でも多く睡眠時間を稼ぐにはカップ麺の存在は大きいもので、このいか焼きそばが生活の支えでした。


ココに来て終売というのは非常に残念。
そして、
若き日の私を支えてくれた食品として感謝しています。
いつか復活してほしいと願う今日この頃です。

プロレスリングBASARA 伐折羅・玖拾弐~一刀両断~

2019年3月21日(木)、後楽園ホールへプロレスを観に行きました。
保育園のイベントです(^^;
メインイベントの試合では一家全員「木高イサミ」選手を応援しました。
子供は「イサミ頑張って!」と声を上げていましたよ。

赤髪カッコよす!

試合終了後、まだバスタオルで汗を拭いている木高選手がグッズ売り場に現れたため、サインと記念撮影をお願いし、握手までしてくださいました。
子供はもちろんですが、私も妻も大喜びしてしまいました(笑)
パンフレットや試合中の顔とは違い、優しい笑顔のお兄さん!な印象を受けました。
ただ、有刺鉄線デスマッチなどの影響なのか、驚くほど無数の傷が上半身にあったのが気になりましたね。
いくらプロレスラーとはいえ、あそこまでの傷は普通じゃないです。たぶん。

今後は定期的にプロレスリングBASARAへ足を運ぼうと思います。

ファーストサーバが解散

さくらインターネットの日記で「F社」と書いたあとにこの日記はアレゲですが・・・
ファーストサーバが解散するという記事を見て驚きました。
非常に残念ではありますが、一方で納得してしまう自分もいます。

良くも悪くも私のベースにあるのはファーストサーバの社員だった頃の経験です(まだクボタの子会社だった頃)
当時はインフラ担当として黙々と仕事をするのが好きで、サーバ室(今で言うデータセンター)に籠ってばかりでした。
終電で帰る日々や、帰宅しても障害対応で会社に逆戻りする事も多々あり、20代でありながら生活習慣は乱れまくって疲弊していた思い出ばかりですが(笑)
それでも、退職する数ヶ月前まではファーストサーバの社員であることに誇りを持ち、当時の常務取締役(上司)を心から尊敬していました。
退職理由としては、精神的にモチベーションの維持ができなくなり、IT業界以外で新しいスタートを切ろうと思ったわけですが、結局は退職後しばらくはIT業界をウロウロする事になりました・・・

そんなファーストサーバではありますが、嫌いで辞めた訳ではなかったので、その名が無くなるのは非常に寂しいです。
今でも元ファーストサーバ社員というネームバリューは付いてまわってまして、「ぜひ名刺交換させてください」と言われる事もしばしば。
1つの時代が終わったという感じですかね。

写真は掃除をしていて見つけた2001年くらいのパンフです。
鯖次郎とか懐かしいwww
これ、知ってる人ってほぼいないんじゃないかな。
知ってる人がいれば、それはコアなファンor関係者くらいだと思います。

社内SEに転身して6年。
もうIT業界に未練はないし二度と戻りたいと思わない。
自社の社員から「ありがとう」と言われる今の仕事がとても好きです。
ただ、一般的な社内SEではなく「稼げる攻めの社内SE」として成功したいと日々ネタ探しをしています。

sakura.io体験ハンズオン へ行ってきた

昨日は社長、グループ会社の社長、千葉工場の技術者さん、そして私の4人で「さくらインターネット社のsakura.io体験ハンズオン」へ行ってきました。
何を目的にしていたかについては秘密です。
正直、私自身「さくらインターネット社の敷地を踏むことになるとは・・・」と驚いていました。
大阪のレンタルサーバ会社(F社)出身の私にとって、ドキドキしてしまうのは仕方ないですよね(笑)

その後、
野村ビル50階にある「土佐料理 祢保希」でお食事を。
高級店だけあって全ての料理が美味。
新宿の夜景を見ながらお酒を飲みました。
社長、ゴチっす!m(_ _)m

東京で暮らし始めて6年半。
今でも立ち並ぶ高層ビルを見上げると「田舎っぺの俺がココにいる違和感」を感じます。