天皇陛下即位三十年記念金貨

造幣局から天皇陛下即位三十年記念金貨が届きました。
本当はダンボールすら開ける事なく封印するつもりだったのですが、義父が見たいというので写真撮影会のみ行いました(笑)

純金の輝きがキラやば〜っ!!(スタプリ風に)

鳳凰がステキすぎ!!

うちの子も「王様のお金」と言いながら自分のスマホを手にパシャパシャ撮影していましたよ。
天皇陛下は王様ではなく皇帝(Japanese Emperor)なのですが。

天皇陛下即位三十年 記念硬貨(500円硬貨)

つい先ほど、会社近くの城北信用金庫で「天皇陛下即位三十年の記念硬貨」を両替してきました。
通勤途中の段階で5人が列を作っていたため、一旦出社して「5分離席させてください。記念硬貨買いに行きたい」と社長に告げると、社長を含む3人で買いに行くことに(最終的には4人)
店舗には30枚が入荷するという事前情報を得ていたため大丈夫だろうと思っていましたが・・・
実は「1人2枚で10名まで」という制限が付いていました。
おそらくは行員や取引先に残り10枚を置いているのかもしれませんね。

私が並んでゲットした番号札は7番。
社長が8番と続きます。
ウチの会社の人間(同じフロアの人間)だけで8枚を入手することになりました。

そして、会社の取引先である某大手銀行の支店長が抑えてくれていた1枚を合わせて3枚が私の手元にやってきました。
最後の1枚は総務部長が支払い、うちの子へのプレゼントとして頂戴しました。
本当にありがとうございます。

そんなこんなでスタートした2月21日ですが、
肝心の記念金貨が造幣局から届いていません。
伝票番号を確認すると、今朝「新大阪郵便局」を出発したようです。
しっかし14万円は高すぎるよなぁ・・・
純金20gに加工費を合わせても12万円くらいにしてほかった。
てか、「愛好家でもないのになぜ買ったしwww」というのが今でも脳裏をよぎります・・・
皇居訪問をキッカケに皇室が好きになったにも関わらず、大変失礼ながら眞子さまに失望してしまったりと、複雑な気持ちもあります。

死を受け止める事

おそらく、そう長くない間に祖母が他界しそうです(母方)
私が少年だった頃、祖父母は大村市の竹松駅付近のアパートに住んでいました。
父方の祖父母以上に(比較できないほど)、私に対してたくさんの愛情を注いでくれた恩は決して忘れません。

ここ数年は帰省するたびに「また会えるんだろうか・・・」という想いで祖母の部屋を後にしていました。
そして今、もう生きて会える可能性が限りなく低くなっています。
そりゃ無理をすれば会えないことはありません。
しかし、母から「男手が足りないからお葬式の時に来てほしい」と言われているため悩んでいます。

「生きているうちに婆ちゃんに会いたい」というのは当然の事。
しかし、私も仕事をしていたり、妻もまもなく仕事で中国へ旅立つため、子供の世話などもあって身動きが取れません。
私自身、4月に九州出張が入っているため、あと2ヶ月頑張ってもらえれば・・・
厳しいかなぁ・・・

祖母はほぼ老衰状態にあります。
家族と医師で話し合った結果、「本人のためにも過剰な延命措置はしない」という結論に至りました。

30年前、少年だった私も今では父親に昇格しました。
私の両親も祖父母に昇格しました。
そして祖母が曾祖母に昇格し、まもなく命が尽きようとしています。
会えなくなるのは寂しいし嫌だけど、こうやって世代交代をするんだなと・・・
当たり前の事だけど受け入れたくない。
私の両親はもちろん、私自身も必ず「その日」がやってくる。

そう思うと「動ける間は人生楽しまなきゃ!!」と思えてきました。
可能な限りポジティブに。

高級酒の封印


我が家にある高級酒のうち、当面の間は(飲みたいけど)飲まないであろうお酒を封印しました。
ズバ抜けた価値のあるものはUVカットのフィルムに包んでラベルの劣化も防ぐようにしています。
まだまだ一部だけなので、今後も継続してお片づけ?しようと思います。

以前の日記に書いたかもしれませんが、この作業の目的は「地震対策」です。
我が家は巨大地震にも耐える耐震住宅なのですが、日本人が経験したことのない未知の巨大地震が襲った時を考えると「安全な場所」での保管が急務。
本来であれば茅台酒を年代別に飾りたいところですが、あまりにもリスクが高すぎて私にはできませんでした(^^;
例え飲む事がなかったとしても、子供に資産として残してあげたいと思う今日この頃です。

実力で上に立っている人は凄い

つい最近、日本マイクロソフト株式会社の澤円氏のお話を聞く機会がありました。
いやぁ・・・
サーファーみたいなロン毛にスーツという風貌ながら、とんでもないオーラを放っていました。
話も私がエンジニアとして常日頃から思っている事を代弁してた気がするほど、「そうそうソレソレ!」と納得ばかりしていました(笑)
そして、人を魅了する話術が凄い。
私の知り合いである伊藤忠商事の課長さんと同じ雰囲気が漂っているのです。
相手を否定する事なく自分の意見を述べ、時折毒舌を吐きつつも常に笑顔であることも似ています。
「本当に賢い人はこういう人のことを指すんだよな」と改めて感じました。
とにかく話題が尽きないし飽きないのです。

とはいえ、
私は私の生き方をするしかありませんが、間違いなく影響を受けた生き方になるでしょうね。
ウチの妻も「本当に賢い人」の一人であるため、やはり「そういう人はそういう人で集まる」のかもしれません。
そのおこぼれに与っている私自身はある意味でチャンスなのかもしれません。

そしてもう1つ。
東京はやっぱすごい。

新しいおもちゃ(iPad Pro)

会社でiPad Proを支給してもらいました。
システム管理者特権です。

実はコレ、ただ支給されたわけではありません。
重要な任務を帯びた1台です。
っと言うのは、早ければ今月から社員の一部にiPadを支給する事になったのですが、彼らをサポートするだけでなく「緊急時」に対応するための1台なのです。
頑張りまぁす!!

天皇陛下御在位30年記念一万円金貨幣 五百円バイカラー・クラッド貨幣プルーフ貨幣セット(2点セット)

と、当選してた(笑)

「どうせ落選する」と思っていたため、ある意味ネタ応募でした。

時々造幣局でお買い物してるから忖度でもあったのかな??

スター☆トゥインクルプリキュア おひろめショーへ行ってきた

(子供をダシにして)スター☆トゥインクルプリキュアのおひろめショーへ行ってきました。
開演の1時間前に到着したにも関わらず、既に午前の部の優先席チケットは配布済みだったのですが、午後の部のチケットは無事にもらう事ができました。
とりあえず午前の部は外野から立ち見しまたけどね。
うちの子もナンダカンダで楽しめたようで、プリキュア全員に握手をしてもらい、キュアセレーネには頭をポンポンしてもらって嬉しそうにしていました。

私??
北川理恵さんの生歌を聴けて満足でした。
本音を言うと「キタガワ♢ダッシュ」が見たかった(笑)
そして、吉武千颯さんが歌うエンディングの「パぺピプ☆ロマンチック」が秀逸で、歌もダンスも流行るんじゃないかと思います。

それ以外の感想としては、「子連れでないと優先席のチケットがもらえない」という運営側の判断は素晴らしいと感じました。
っというのは・・・
見るからに普通ではない「アニヲタ」が多く、彼らは異様な雰囲気を放っていたからです。
日本人だけでなく外国人の男女も多数見かけました。
年齢も20代〜60代までと幅広く、迷惑行為も多々見受けられました。
私自身、アニメのイベントに参加するのは初めてなのですが、頭をこじらせたようなアニヲタは本気で危ないと感じました。
一般の子連れパパと比較して、明らかに人相もファッションも言動も普通じゃなく、恐怖しか感じません。
これ以上は「差別だ」と言われるかもしれないので慎みますが、あくまでも子供のためのイベントなので、子供たちを邪魔者扱いするようなマネはやめてほしいものです。

写真の掲載については「公開OK」とのことでしたので、300枚ほど撮影した中の2枚を載せます(どんだけ撮影してんねん!w)

スター☆トゥインクルプリキュア おひろめショー

2月2日に豊洲で「スター☆トゥインクルプリキュア おひろめショー」があるらしい。
ぶっちゃけショーはどうでも良いのですが、北川理恵さんの生歌を聴いてみたい(笑)
夢は未来への道~キュアフローラ Ver.~を初めて聴いた時、「え?マジな歌手が歌ってんか?」と驚いた事で北川さんの名を知ったわけです。
で、その後の「Dokkin♢魔法つかいプリキュア!」で二度びっくり(いろんな意味で)

なもんで、うちの子をダシにして参加する予定で調整中(爆)

リアルな私を知っている人なら驚きかもしれません。
日本なら「TM NETWORK、BOOWY、MISIA」、洋楽なら「BON JOVIやMadonna」のようなアーティストが今でも好きです。
一方でお遊戯会のようなアイドルグループや、声優が歌うアニソンには今でも興味がありませんし、むしろ嫌い。
その辺は今も昔も変わりません。

HUGっと!プリキュア最終回

いやぁ〜
まさかまさかの結末に驚いている今日この頃。
特に「野乃はな(キュアエール)」の出産シーンにはびっくりしました。
(一応は)少女アニメにおいて、主人公が出産するシーンがあるなんて誰もが想像しなかったと思います。
しかも生まれてきた子供が「はぐたん(キュアトゥモロー )」だとは。
確かに、はぐたんは野乃はなに対して「ママ」と言うようになっていたため、その可能性もあるのかなとは思っていましたが。

詳しくは描写されていませんが、ジョージ・クライが父親っぽいですね。
と仮定すれば、これまでの話が綺麗に繋がります。
また、未来において野乃はなに命に関わる何かが起きたため、ジョージが時間を止めようとしたように思います。
「君のために時間を止める」という発言があったので間違いないでしょう。
夫(ジョージ)が妻(はな)を救うために娘(はぐみ)と闘い、かつ過去へ行ったところ若き日の妻とも闘う事になってしまい、時間を止める事も変える事もできなかったと。
そう考えると、必ずしもハッピーエンドではないのかもしれません。

私の足りない頭で思うに・・・
全体として「家族・友人・生と死を考えさせられる作品」だったように思います。
ただね、子供には超絶難しすぎる。
伏線が多岐に仕込まれており、発言や回想、持ち物に到るまでシッカリ見て覚えておかないと理解できないかもしれません。
ストーリーは大人向けに作りつつ、子供には可愛さや爽快さを楽しめるように作ったのかもしれません。
親子で楽しめる作品としては秀逸でした、うん。
個人的には千瀬ふみとが妄想する「キュアエールさん」が抜群のインパクトでした。

来週から「スタートゥインクルプリキュア」が始まりますが、ちょっと絵が苦手・・・
慣れかもしれませんけどね。