未分類

コロナウイルス ワクチン予約(その後)

マハラージャン – セーラ☆ムン太郎

モデルナに異物混入があったようですね(いまさらですが)
しかし、私はそのままモデルナを打つことにしました。
無事に1回目も2回目も予約が取れましたが、2回目を打つのは10月末。

用心に用心を重ねて感染しないように過ごしたいと思います。

我慢強い?この私でも、そろそろ旅行へ行きたくてウズウズしちゃうんです。
マークXの走行距離もまだ11840kmほど(笑)
譲ってもらってから400km程度しか走ってないんですよ・・・

高田酒造場 高田のはなたれ

球磨焼酎が好きな私。
数ヶ月前に恒◯酒造さんから高田酒造場さんへ改宗したわけですが、高田酒造場さんの酒は本気で美味い。
特に「高田のはなたれ」は最高に美味い!
(度数慣れしてることもあり)44度というアルコール感はほとんど感じず、甘さが口いっぱいに広がり鼻から抜ける。
ストレート一択です。
「生きてて良かった」と思えるほどの幸せを感じます。

ウチの親父にも送ったところ大絶賛。
「こんな美味い焼酎は飲んだことがない!原料は違えど3Mの焼酎なんて比にならん!」という反応で、31分間感想を聞かされました(笑)
ここまで親父が熱弁するなんて今までになかったので驚きです。

人気が出てほしくない蔵元ではありますが、愛飲家のひとりとして影ながら応援したいと思います。

マークXがやってきた

我が家の車が新しくなりました。
今まで乗っていた20年落ちのMPV(MAZDA)からマークX(トヨタ)へ。
グレードはちゃんと見てないのでわかりませんが、本革や木目を使ったパネルがあるのでベースグレード以上だとは思います。

MPVは車検が1年残っていまして、「来年はハリアーを買おう」と考えていました。
ところが、会社の総務部長が「もう運転をやめる」という事で、急遽マークXを譲って頂けることに。
しかも走行距離11400kmという低走行車両を5万円で。
ディーラー整備をしてきただけあって状態は良い感じ。

6月16日、午前中に出社して総務部長からマークXを受け取り、そのままハンドルを握って東京運輸支局へ。
案内板の通りに進もうとしたわけですが、最初っから「C棟で印紙を買ってきてくれ」と。
なら「A庁舎⇒B(自動車税事務所)⇒C(ナンバーセンター)」なんて書かないでほしい(笑)

自分でやるのは2回目ではありますが、「7年前の時から改善されてるだろう」と思うわけですよ。
それを考えて今回も書いてる通りに進めたわけで。
なんだかなぁ・・・

っと思いつつ、書類を提出して自動車税の申請をして、所沢ナンバーの返却と品川ナンバーの受け取り。
そして、C棟の前で封印をしてもらって完了。
係員のおじさんに感謝の言葉を掛けて帰宅しました。
そして、人生初のトヨタ車オーナーになりました(笑)

とにもかくにも、
総務部長に感謝すると共に、大切に引き継がせて頂きます。

高田酒造場 jin jin GIN

本日は高田酒造場さんの「jin jin GIN」をご紹介。


球磨焼酎を作りつつ、ジン等のリキュールも作っているらしい。
この前、歯医者の帰りに日本橋の高島屋に立ち寄ったのですが、そこで見つけたのがこの「jin jin GIN」です。
TWSC2021最高金賞受賞しているとの事。

私自身、ジンと言えば「ボンベイ サファイヤしかねーだろjk」な人だったのですが、このjin jin GINの破壊力は凄い。
破壊力といえば語弊がありますが、素材の味が活きていて「爽快でありながら主張が強い」印象を受けました。
ボンベイで若干感じていた嫌味や物足りなさがない。
私にとってパーフェクトなジンでした。

「日本人もまだまだスゲー職人がいるんだな」
と感心してしまった一本でした。

飲み方はストーレート、ロック、ソーダ割、ジンジャー割の4種類を試しましたが・・・
結論としてはソーダ割一択。
jin jin GINは香味がしっかりしているため、トニックウォーターやジンジャーを混ぜると「味負けしないけど余計な味と甘味が残る」という印象。
それでも美味しく飲めますが、何もないソーダのみで十分。
レモンやライムすらいらない。

そんなポテンシャルな「jin jin GIN」は私のお気に入りになりました。
みなさんもぜひお試しあれ!

高田酒造場さんのWEBはこちら。
https://www.takata-shuzohjyo.co.jp/

プロレスバー クラッチ

昨日6月4日は仕事帰りにプロレスバークラッチへ行きました。
目的は「行ったことなかったから」という事と「仕事関係」です。

プロレスバークラッチはプロレスリングBASARAが運営するBARなのですが、ちょっと前に代表の木高イサミ選手とゴニョゴニョありまして、「明日クラッチに行くよ」という事で足を運ぶことに。
当初は私一人で行く予定でしたが、部下を引き連れレッツラまぜまぜ(プリキュアかよ!w)
入店早々、ウチの子供へのサイン入りポートレートやステッカーに対するお礼を言いつつ、名刺交換をさせて頂きました(仕事の一環ですから!)
イサミ選手の名刺とは凄いレアです(笑)
仕事のお話に触れるわけにはいきませんが・・・私の本業であるITとは関係ありませんとだけ言っておきましょう。

さて、
クラッチでは巨大スクリーンで過去の試合を放送していたのですが、イサミ選手自ら隣で「ヘビー級と闘う時は俺はこうするんだ」的な解説してもらうという、これまた贅沢な時間となりました。
岡田レフェリーや関根龍一選手とも長い間お話をさせて頂き、とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。
関根選手の唐揚げ美味すぎでした!!
そして、オープンの18:00〜閉店まで居座ってしまいましたさ(笑)
まだまだコロナの影響で来店客は数人だけだったのも理由の1つですかね。
サインや記念撮影までして頂いて感謝感激でした(関根選手と記念撮影するの忘れてた!)
イサミ選手とは過去に握手してもらった事がありますが、帰り際にまた握手して頂きました(嬉しいものですよ)
部下のまみーさんも携帯電話のケースにサインを頂いてご機嫌で、「新世界の扉が開きました(原文のまま)」との言葉がありました。

私はMacBookのカバーにサインをして頂きました。
写真の左から岡田レフェリー、イサミ選手、関根選手です。
知らない人が見ると「誰のサインだ?」と思われるかもしれませんが、いいんです。
自己満足ですから。

しかし・・・
先ほど記念品のつもりで頂いた領収書を見ると・・・
ぶっちゃけ料金システムが良くわかっていないのもありますが、関根選手が仕込んでくださった唐揚げ代が明らかに1皿足りない!!
2皿注文したにも関わらず。
これはちゃんと申告すべきなので(じゃないと次回行きづらい)、タイミングを見計らってイサミさんにお話しようと思います。

ウチの子供は「パパだけずるい。いいなぁ〜、一緒に行きたかった」と言っていましたが、クラッチは未成年を連れて行くわけにもいかず。
とりあえず「興行が再開したら連れて行くから」というとニコニコ顔になったので良しとしましょう(笑)
次回は塚本拓海選手がいらっしゃる時に行きたいと思っています(完全なプライベートで)

久々にBARで飲むだけでなく、Youtubeや試合会場で見ていたレスラーと「素」で話せるなんて革命的ですよ。
今後もプロレスリングBASARAを影ながら応援したいと思いました。

ブルーインパルス

お昼休みに空を見上げると、ブルーインパルスの隊列。

iPhone片手に動画撮影(写真は動画のスクショ)

医療従事者に感謝しつつ、私も勇気と元気をもらいました。

ありがとう!!

やはり妻は天才だ

新型コロナウイルスの影響でマスクが買えない事態になっていますね。
私も可能な限り定価以下で買えるように努力はしています。
自分の分は数ヶ月分あるので問題ないのですが、問題は上海の親族用。

中国人の爆買いであったり、中国への支援物資として送られる事もあるため、日本人としては「自国民用はないのか」という批判が出るのは当然のことだと思います。
しかし、私のような日中国際結婚の場合は微妙な立ち位置です。
私にも中国の親戚が出来たわけで、困っている親戚のために力になりたいと思う気持ちは強いです。
混乱に乗じて高値転売する輩は論外としても、私のように「中国に親戚がいる家庭」はかなり存在すると思います。
「親族への支援物資だけは悪く思わないでくれ」と感じています。

そして、
実際に親族チャットで「集めたマスクを送る」と告げたところ、多くの事が見えてきました。
とにかく上海人の民度は高いなと・・・

【中国人の場合(上海の親族に限定)】
・もの凄く喜んでくれている
・マスクを集めた私と私の両親に感謝してくれている
・改めて私を家族の一員として迎えてくれている事を知る
・マスクは年上の人から分配し、決して我先にと口を出さない
・受けた恩は忘れない(ココ重要)

しかし、
EMS等の国際郵便が遅延しているため、一般的にはすぐに届けられないのが歯がゆいところです。
実際に、知り合いの中国人は1月末に四川の実家にマスクなどの支援物資をEMSで送ろうとしましたが、2月8日の段階でも川崎の郵便局で止められたまま空輸出来ていません。

ところが、私の妻は本業でないとはいえ通関士でもあります(日本の難しい資格をかなり持っている)
その天才的な頭脳で「ある方法」を思いつき、2月8日の土曜日の午前中に支援物資を車に乗せて家族3人で某所へ。
そして発送の手続きを終えました。
結果としてEMSより安く、かつ当日の飛行機に乗せて親族宅まで運んでもらえることに。
当日の飛行機ですよ??
もちろん個人で中国へ行く人に運んでもらうなんて手段ではなく正規ルートです。
結婚当初からずっと「只者ではない事」くらいはわかっています。
しかし、平然とした顔で困難を乗り越える頭脳はマジ半端ない。
私だったら親族を待たせる事になったとしてもEMSで発送していた事は間違いない。

そんな妻と出会って8年目。
妻から多くの事を学び、そして吸収してきましたが、それでも到底敵う相手ではありません。
むしろどんどん離される。
努力ではどうしようもない格の違いがあります・・・
そもそも一般人とは発想(ピラメキ)が違いすぎる。
ココまで圧倒されると気持ちよく負けを認められます(苦笑)

私も新しく入社するデザイナーさんとタッグを組んで一発当てたいなと思っています。
良い仕事ができる環境は整ったはず。
これを活かすも殺すも私次第ということで、私は私で努力したいと思います。
一瞬「運用でカバー」と書こうとしましたが、マイクロソフトの澤円氏が「運用でカバーしてはいけない」という趣旨の話をし、私も「確かにそうだ。今までの俺は間違ってた」と気付かされました。
「運用でカバー」ではなく、「運用でカバーしなくても良いシステムを作るのが俺の仕事だ」という事を肝に命じてエンジニア業を続けようと思います。

最近の何気ない話題

2020年2月3日。
最近は色んな事がありました。
仕事も家庭も。
そんな中で、日記にするほどでもないかなって事をまとめてみました。

まずは仙台出張時のお話。
日記では「支店に向かう途中でドラッグストアに立ち寄ってもらい、マスク4箱と消毒液2つを購入」という事を書いていましたが、最近のマスク不足は深刻なレベルになっていると思います。
風邪予防のために冬場は必ずマスクをする私にとっては痛い話。
さらには新型コロナウイルスに感染した人々が日本に入国している事実を考えると、人間の心理として買いだめに走る気持ちはわかります。
むしろ買いだめしないと自分の分が確保できない現状があります。
その一環として、仙台の「マツモトキヨシ 六丁の目店」にマスクが置いてあったので購入する事にしたのです(当面は安心かな)
仙台駅周辺はドンキを含めて全滅で、日本人だけでなく中国人らもマスクを求めて彷徨っていました。
しかし・・・
ここにきて「上海の親戚全員分も」という話が浮上し、2月2日の段階で再びマスクを探し始めることに。
ネット上はほぼ壊滅状態で、都内のドラッグストアも買える状態ではありません。
そこで頑張ってくれたのが実家の両親。
長崎市内の量販店を8箇所ほど周り、マスク7箱分(420枚ほど)をGETしたとの連絡がありました。
それに私が保管している分を足して上海の親戚に届けたいと思います。
親戚達は誰一人として「マスクを送ってほしい」なんて言いませんでした。
実際には早く言ってもらった方が入手しやすかったわけですが・・・
その辺が上海人の民度の高さが見える部分でもあります。

そして同じく仙台での出来事。
1月29日の夜に仙台駅へ向かう車中のお話。
こんな話をしていました。
Cさん:「今夜はデリヘル呼ぶの?」
私:「ぶっ!その発想はなかった。Cさんだから話すけど筋トレを始めてから性欲がなくなってね、悟りを開いたというか次元が違うんです。キレイな人をみてキレイと思う事はあってもそれ以上の感情がない。それに、そもそも知らない人に触るのも触られるのも嫌いなんですよ。病気も怖いし。そんなのに使うお金があればプロテイン買うかなぁ・・・」
C:「今の発言、ドラレコに撮られてるよ(笑)」
私:「変な発言してないと思うから、妻にバレても公にされても問題ないと思う(笑)」
C:「予めそういう音声を記録して実は・・・って事も(爆笑)」
私:「えーーーっ!!(笑)ウチの妻は私が裏切るような事はしないとわかってるから大丈夫(^^;」

30日の夜に都内の自宅にて。
妻は相変わらずの分析をしていました。かなり納得。
私:「Cさんとデリヘルがあーだこーだ。カクカクシカジカの話をしてたんだよ」
妻:「性欲がないっていうのはね、たぶん今の生活に幸せを感じてるって事なんだよ」
私:「そんなもんかねぇ。まぁ、コイツ(子供)がいるってのに幸せを感じてるのは確かだな。ウルサイけど。」

次は・・・
とうとうヒーリングっど♥プリキュアが始まりましたね(そっちかい!)
第一話を見る限り、本当の意味で幼女向けテイストが強い気がしました。
可愛くもあり美しい武器が魅力でもありましたが、それらも幼女向けになっているのが気になるところ(可愛いだけの幼女系は好みじゃない)
やっぱりプリキュアは「初代(無印&MAX)」が全体的に一番面白いよなぁ・・・と思います。
フレッシュプリキュアの第10話「祈里がタルトでタルトが祈里!?」だけは別格で面白いと思うが。
仮面ライダーが強くてカッコいい路線であるように(カッコいいとは思わないが)、プリキュアも強くて可愛い路線(肉弾戦希望)を貫いてほしいものです。

その次は・・・
今に始まったことではありませんが、歩きスマホを撲滅したい気持ちが強くなっています。
本当に邪魔。
迷惑度合いでいうと、私にとっては歩きタバコと同レベル。
老若男女、みんなそろって地上でも地下鉄でも歩きスマホ。
ふと我に返って周りを見渡してください。
ゾンビそのものなのです。
満員電車や駅構内では本気で「邪魔だし危険」なのですが、危険でトラブルの原因になると言われ続けているのに誰もやめようとしない。
車の運転と同じく、人間には向き不向きがあるように、スマートフォンの操作にも向き不向きがあると思っています。
罰則強化よりも「使って良い人(免許制)」を導入するか、所定の場所以外での通信(電話以外)はできないようにしてはどうかと。
不便に思う事もあるかもしれませんが、歩きスマホやスマホ中毒による経済損失の方が長期的に良くない気がしています。
みなさんはどう思いますか?

っと、ダラダラ書いてしまいましたが、日記するほどでもない日記をまとめて書いてみました。

戸越公園

三連休の最終日も戸越公園(・_・;

ウチの子は初日に仲良くなった「さきちゃん」と言う女の子がいなくてガッカリしています(笑)

しかし、昨日のジムの影響で全身ボロボロな上、筋肉痛の中で子供に付き合うのはかなりキツイ。

クリアデスク

職業柄と言いますかなんと言いますが・・・
私はクリアデスクが非常に苦手。
他部所と違って全てのコンピュータが私の手によって整備されて社員の手に渡ります(Mac信者の代表のみ自分でやる)
そのため、新品から故障品に到るまで、多種多様な機材やパーツで溢れます。
これを何とかしたいと思うのですが、なかなか難しいものです。

強いていうならば「紙の書類」は無くしたい。
グループ会社の中でも私の部署は「無意識でデータによる共有」をするのですが、取引先から渡されるパンフレット等が溜まっていきます。
「データ化して捨てればいいやん」というのはわかるのですが、データ化すると逆に見なくなるのです。

これは性格的なものなのかもしれません。
社内で唯一のIT系出身の社内SEではありますが、ITに束縛されるのを極端に嫌う一面があります。
「開発してやるけど、そっちで好きなように使いなよ。」という性分で、好きこそ物の上手なれではありません(爆)
エンジニアに向いてるんだろうけど、何かが致命的に欠けています。

話が逸れましたが、クリアデスクを心がけて行きたいと思います。

写真は艦これのマグカップ(Saratoga)
胸だけ立体化されてる妙なマグカップなのですが、6年間使っていたものとバトンタッチです。
艦これ好きなのかって??
実は名前しか知りません(笑)